豊かな森に育つビルベリー

ビルベリーは、主に北欧、スカンジナビア半島と中心に東ヨーロッパに自生してる果実で、高さ10~30㎝ほどの低木の茎に実ります。

「ブルーベリーの野生種」と紹介されることが多いのですが、ビルベリーとブルーベリーは別の分類の植物です。

ノルウェーの豊かな森と収穫間近のビルベリー

実の付け方は、ブルーベリーが房を作るのに対して、ビルベリーは単一か一対。

収穫時期は7月下旬から9月上旬で、主に熊手を使って実を収穫します。

日本で「ビルベリー」として売られているの苗木は、そのほとんどがアメリカ産の野生種ワイルドブルーベリーで、本物のビルベリー苗の販売はほとんどされていないと言われています。
ビルベリーを育てるのはとても難しく、ほとんど栽培されていません。

リトニビルベリージュースの原料は100%ノルウェ―産。
ノルウェーの豊かな森が育てた野生のビルベリーを使用しています。

ビルベリーの深い味わい

ブルーベリー比べるとビルベリーの実はやや小ぶりで、味は甘みが少なく爽やかな酸味が特徴。
皮が柔らかく実が潰れやすいためジャムやジュースなどに加工されます。

様々な料理やリキュールのベース、デザートの色や風味づけにも使われます。

ビルベリーのアントシアニンの含有量は高く評価されており、他のポリフェノール成分も豊富です。

ビルベリーの豊富なアントシアニン

ブルーベリーの果肉は薄い黄緑色ですが、白夜の太陽を浴びるビルベリーは、長い日照時間によってアントシアニンの生成が促され、実の中心まで真っ赤。

ビルベリーのアントシアニンの含有量は、ブルーベリーの3~5倍になり、ヨーロッパでは医薬品として認めれらています。

アントシアニンの効果

■眼精疲労の軽減

スマホやPCの使用時間の増加で問題になっている眼精疲労。

通常目を使うと網膜にある「ロドプシン」が分解され、その後再合成されますが、目を酷使するとロドプシンの再合成が追いつかず、見えにくくなる・疲れるなどの症状が出てきます。

ビルベリーに含まれるアントシアニンはこの「ロドプシン」の再合成を助ける働きがあると言われ、ドライアイの改善や白内障の予防への効果も期待されています。

■血流の改善

ビタミンPに似た働きがあり、血液の流れを良くすることで循環機能の改善に役立つと言われ、冷え性や肩こりの軽減があるとされています。

■高血圧予防

強い抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素の除去に効果があるアントシアニン。動脈硬化や高血圧の予防にも。

■アンチエイジング

血流の改善は肌のコラーゲンの強化にも関連し、美容面での効果も注目されています。

視力の改善以外にも様々な効果が期待されるビルベリーは、健康食品として幅広く利用されています。

■リトニ ビルベリージュースのご購入はリオラージュオンラインストアから

レシピページへ